データ容量単位変換の電卓

この電卓は190回使われています
データ容量

電卓の使い方

変換するデータ容量の数値を入力すると、各単位での数値を算出します。

「クリア」ボタンを押すと入力された数値が削除されます。

目次

データ容量の解説

パソコンやスマートフォンなどのデータの大きさを表す単位がByte(バイト)です。

Byteにもいくつかの単位があり、1000増えるごとにKB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)、TB(テラバイト)というように単位が変わっていきます。

データ容量の単位変換方法

データの容量は1000ずつで単位が変わりますので、単位変換をおこなう場合、1000を掛けたり割ったりすることで単位を変えることができます。

▼128GBをMBにする場合

128×1000 = 128000MB

▼256GBをTBにする場合

256÷1000 = 0.256TB

関連ページ