百日祝い(お食い初め)はいつ?の電卓

この電卓は108回使われています

生年月日

電卓の使い方

生年月日を入力すると百日祝い(お食い初め)の日付がいつかを算出します。

生まれた日(生年月日)を1日目として算出しています。

100日目、110日目、120日目の各日付が表示されます。

「クリア」ボタンを押すと入力された数値が削除されます。

目次

百日祝い(お食い初め)の解説

赤ちゃんが生まれて100日目におこなうお祝いを「百日祝い(ももかいわい)」と言います。「お食い初め(おくいぞめ)」や「歯固め(はがため)」などと言われることもあります。

「生きていくうえで食に困らないように」や「歯が丈夫に生えますように」などの願いが込められているお祝いです。そのため乳歯が生え始める生後100日頃におこなわれます。

基本的には生年月日を1日目として100日目におこなわれますが、110日目や120日目におこなわれる場合もあり、100日目〜120日目の間でおこなうこともあるようです。このあたりは正確に決まっているわけではなく地域や風習によっても変わるようです。

百日祝いでは、祝い膳(いわいぜん)と呼ばれる料理を用意して食べる真似をしたり、写真を撮ったりしてお祝いをおこないます。

関連ページ